粉末オリゴ糖と料理

オリゴ糖は大豆やバナナ、リンゴ、はちみつなどに含まれており、食生活にて取り入れるのであれば、納豆や豆乳、みそなどの食品も積極的にお料理に取り入れていきたいところです。しかし、オリゴ糖のためにこれらを食べ続けるのはなかなか難しいものですので、サプリメントのように「粉末オリゴ糖」を使用するのがおすすめです。粉末オリゴ糖は文字通り、粉末にまとめられたオリゴ糖で、さまざまなお料理に取り入れることが可能です。糖という文字が入っているだけで、甘さがあるものだと思われがちですが、粉末オリゴ糖は甘みがほとんど無く、料理の味を変化させてしまうこともありません。スープに入れてみたり、おかずにふりかけてみたり、飲み物に混ぜてみるなどなど、いろいろなシーンにて手軽にオリゴ糖を摂取することが可能ですのでおすすめです。

ただし、1つだけ注意しなければならないことは、オリゴ糖のみを摂取していれば必ず便秘が解消されるわけではない、ということです。肉類に偏ると確かにお通じは悪くなりますが、たんぱく質やあみの酸も健康のために必要です。大切なのは栄養バランスで、偏りを無くすためにオリゴ糖を活用する、といった感覚で摂取していくことをおすすめします。

善玉菌を増やすオリゴ糖

腸内に悪玉菌をのさばらせないことは、便秘の解消と予防のためにも非常に重要となります。悪玉菌と善玉菌はどちらも腸内に潜む細菌になりますが、これらは数によってどちらかの働きが制限されてしまうことになります。悪玉菌が善玉菌よりも多いと、悪玉菌が勝ってしまい便秘が発生、善玉菌の方が多いと悪玉菌を抑え込んでお通じが良くなるといった具合に、それぞれの勢力によって便秘になりやすいかどうかが決まりますので、便秘を防ぐためには「いかに善玉菌を増やせるか」も重要と言えます。

善玉菌を増やす方法はいくつかありますが、最近注目されているのが「オリゴ糖」です。オリゴ糖は3種類以上の糖類が結合した化合物で、善玉菌のエサになる栄養となります。善玉菌を増やすためにはオリゴ糖を摂取して、菌にエサを与える必要があります。同じく便秘解消効果が期待できる食べ物としてヨーグルトも有名ですが、こちらは善玉菌を直接取り込むことになりますので、オリゴ糖とは役割が少し違います。オリゴ糖とヨーグルトを一緒に食べると、善玉菌の仲間を直接増やし、且つ既に腸内にいた善玉菌にエサを与えることになり、これは便秘に対して非常に有効な方法と言えるのです。

便秘の原因、悪玉菌

便秘は肌荒れや免疫力の低下といった、美容にも健康にも悪い働きを招きます。できれば無縁な生活を送りたいところですが、自分では普通に暮らしているだけなのにも関わらず起きてしまうものです。美容を気にする女子にとって便秘は大敵です。便秘を予防するためにも、便秘の原因について、正しい知識を身に付けておきたいところです。

便秘の原因は腸内環境の悪化とストレスの2種類だとされています。腸内環境の悪化をもう少しだけ詳しく見ていくと、元凶となるのは腸内に潜む悪玉菌と呼ばれる存在になり、悪玉菌が繁殖してしまうことによってお通じが悪くなってしまうことが分かっています。悪玉菌のエサになる消化が難しいたんぱく質やアミノ酸が腸まで運ばれてくると、悪玉菌がこれらに飛びつき、どんどん繁殖していくことになりますので、つまり食生活の悪化が便秘の原因と言うことができます。もう少しだけ具体的に見ていくと、肉類は悪玉菌のエサになる栄養の宝庫となり、肉中心の食生活になってしまうと便秘が引き起こされてしまうことになります。総括すると、肉中心の食生活は便秘の原因、便秘は肌荒れや免疫低下の原因、つまり食生活は美容にも多大な影響を及ぼすことが分かります。

便秘を解消する、あるいは便秘を予防するためには、悪玉菌をいかに減らすか、そして善玉菌をいかに増やすかということが重要になります。当サイトでは、便秘の解消と予防について、オリゴ糖の活用という観点からご紹介していきます。

2017年11月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930