便秘の原因、悪玉菌

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

便秘は肌荒れや免疫力の低下といった、美容にも健康にも悪い働きを招きます。できれば無縁な生活を送りたいところですが、自分では普通に暮らしているだけなのにも関わらず起きてしまうものです。美容を気にする女子にとって便秘は大敵です。便秘を予防するためにも、便秘の原因について、正しい知識を身に付けておきたいところです。

便秘の原因は腸内環境の悪化とストレスの2種類だとされています。腸内環境の悪化をもう少しだけ詳しく見ていくと、元凶となるのは腸内に潜む悪玉菌と呼ばれる存在になり、悪玉菌が繁殖してしまうことによってお通じが悪くなってしまうことが分かっています。悪玉菌のエサになる消化が難しいたんぱく質やアミノ酸が腸まで運ばれてくると、悪玉菌がこれらに飛びつき、どんどん繁殖していくことになりますので、つまり食生活の悪化が便秘の原因と言うことができます。もう少しだけ具体的に見ていくと、肉類は悪玉菌のエサになる栄養の宝庫となり、肉中心の食生活になってしまうと便秘が引き起こされてしまうことになります。総括すると、肉中心の食生活は便秘の原因、便秘は肌荒れや免疫低下の原因、つまり食生活は美容にも多大な影響を及ぼすことが分かります。

便秘を解消する、あるいは便秘を予防するためには、悪玉菌をいかに減らすか、そして善玉菌をいかに増やすかということが重要になります。当サイトでは、便秘の解消と予防について、オリゴ糖の活用という観点からご紹介していきます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

About the author

2017年12月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031