善玉菌を増やすオリゴ糖

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

腸内に悪玉菌をのさばらせないことは、便秘の解消と予防のためにも非常に重要となります。悪玉菌と善玉菌はどちらも腸内に潜む細菌になりますが、これらは数によってどちらかの働きが制限されてしまうことになります。悪玉菌が善玉菌よりも多いと、悪玉菌が勝ってしまい便秘が発生、善玉菌の方が多いと悪玉菌を抑え込んでお通じが良くなるといった具合に、それぞれの勢力によって便秘になりやすいかどうかが決まりますので、便秘を防ぐためには「いかに善玉菌を増やせるか」も重要と言えます。

善玉菌を増やす方法はいくつかありますが、最近注目されているのが「オリゴ糖」です。オリゴ糖は3種類以上の糖類が結合した化合物で、善玉菌のエサになる栄養となります。善玉菌を増やすためにはオリゴ糖を摂取して、菌にエサを与える必要があります。同じく便秘解消効果が期待できる食べ物としてヨーグルトも有名ですが、こちらは善玉菌を直接取り込むことになりますので、オリゴ糖とは役割が少し違います。オリゴ糖とヨーグルトを一緒に食べると、善玉菌の仲間を直接増やし、且つ既に腸内にいた善玉菌にエサを与えることになり、これは便秘に対して非常に有効な方法と言えるのです。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

About the author

2017年10月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031